小陰唇肥大でお悩みなら〜形成外科で解決できる悩み~

女性

よくある症状

「下着に擦れたり、圧迫されたりすると痛みがある」、「臭いが気になって恥ずかしい」というような問題を引き起こす小陰唇肥大。放っておくと感染症や悪臭の悪化が引き起こされるので、手術などによって小陰唇を縮小する必要があります。デリケートで他人に相談しにくい小陰唇肥大ですが、意外に多くの女性が悩んでいます。けして珍しい悩みではないので、恥ずかしがらずにまずは近くの美容外科などに相談するとよいでしょう。

小陰唇肥大であらわれる症状は、具体的にどのようなものでしょうか。
代表的な症状は「小陰唇の大きが左右で違う」、「黒ずんでいる」、「匂いがある」、「下着に擦れたり、性器が圧迫されると痛みがある」というものがあげられます。
また、「小陰唇が大陰唇に比べるとシワシワ」、「足を閉じているのに、小陰唇がはみ出してしまう」といった症状もよく見られます。
これらの症状を、恋人やパートナーに指摘されたり、または子どもに指摘されたりして悩んでしまう女性も多いのです。小陰唇肥大は、性生活はもちろん、日常生活や衛生、健康にも大きな悪影響を及ぼします。小陰唇肥大の施術は、これらの症状を確実に解消することができます。

小陰唇肥大を解消する施術は、全国の美容外科で行われています。
美容整形のジャンルの中には、女性器の悩みを解消する婦人科形成というジャンルがあります。
小陰唇肥大を解消する施術も、その婦人科形成のジャンルにあたります。